弊社は京都大学iPS細胞研究所の齊藤博英教授らが発明した「RNAスイッチ」を基盤の技術とした会社です。

 

事業概要
 「RNAスイッチ」技術を活用することで、マイクロRNA(以下、miRNA)の細胞内での活性化の状態を細胞が生きたまま可視化できるRNAデバイスを製品として市場投入することを目的としています。再生医療分野では、iPS細胞から心筋細胞など種々の細胞を分化誘導しますが、がん化を惹き起こす未分化細胞を除去することが重要になってきます。「RNAスイッチ」技術は、この課題を解決する重要な技術を提供するものです。

 

RNAスイッチとは
 「RNAスイッチ」は、細胞内に存在し、生命現象の様々な作用機序を制御すると言われているmiRNAを検知して、細胞の遺伝子発現を制御することができます。細胞内のmiRNAの活性状態を細胞が生きたまま識別できることが大きな特徴の1つであり、このツールにより判明した細胞種特異的な活性miRNAに対応するRNAスイッチを使うことにより、再生医療に用いる心筋細胞など分化した目的細胞の同定及び選別や疾患に関連するmiRNAの探索ツールとしての応用を可能とします。

 

iPS/ES細胞から分化誘導後の細胞純化実施例
  iPS細胞やES細胞から分化誘導を行った細胞群にRNAスイッチを導入します。所望の細胞種を選別できるように設計したRNAスイッチを用いることで、分化誘導後の所望の細胞の識別、選別を行っていきます。実績としては、心筋細胞、肝細胞、内皮細胞、神経細胞、インスリン産生細胞などがあります。